ビタミンC誘導体入りの化粧水が人気|美活をスタート

肌状態と性質で選ぶ

レディ

保湿ケアが大切です

ニキビや美白効果が期待できるビタミンC誘導体化粧水は、様々なメーカーから販売されています。そのため、どの商品が良いのか迷ってしまう人が多いです。商品選びのポイントは、ビタミンC誘導体化粧水の性質をチェックすることです。まずビタミンC誘導体化粧水には、水溶性・脂溶性・両性の3タイプがあることを知っておきましょう。特に両性ビタミンC誘導体とは水溶性と脂溶性の両方の性質を有します。代表的な成分はパラミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)や、イソステアリルアスコルビルリン酸2Na(APIS)などです。比較的新しい成分であるため、これから実績が積み重なっていくでしょう。しかし肌に浸透しやすく、乾燥を防いでくれる効果が期待されます。また敏感肌がひどい場合は、脂溶性から始めてみると良いです。刺激にそれほど弱くない肌ならば、吸収の早い水溶性でも良いでしょう。このように肌状態にあったビタミンC誘導体化粧水を選ぶことが大切です。ビタミンC誘導体化粧水をせっかく使うならば、その効果を出来るだけ引き出したいです。そのためには化粧水を使うタイミングが大切であり、洗顔後に塗布してみるのがおすすめです。そして普段使っている化粧水や美容液を併せて使用すると良いです。何故ならビタミンC誘導体だけだと、十分な保湿効果が得られないからです。入浴や洗顔などで得た水分を、化粧水や乳液を使って保ち続けることが大切です。このようにして、ビタミンC誘導体がもつ美白やニキビ効果を引き出します。